2022年5月12日 (木)

出発の歌


YouTube: 上條恒彦と六文銭『出発(たびだち)の歌』あの素晴らしい歌をもう一度コンサート2019

1970年代、ヤマハ音楽が主催のイベント「ポピュラーコンテスト(通称:ヤマハポプコン)」で、グランプリを獲得した小室等と六文銭&上条恒彦の「出発(たびだち)の歌」。アコースティックギターのイントロは、私もコピーした。その後、テレビ映画「木枯し紋次郎」のイントロも類似していたのを思い出す。繊細なイントロに上条恒彦の味わい深いバリトンからはじまる曲は、徐々に壮大なテーマに。次の時代に残したい名曲。上条恒彦は、その後、ミュージカルにも多く出演し活躍。

2022年4月26日 (火)

ベニスの夏の日


YouTube: Summertime In Venice - Mattia Bindi voce - Morganti Roberto piano&keyboard

イタリアのカンツォーネ曲「ベニスの夏の日」。箱根にある森のガラス美術館内でイタリアン音楽を提供しているミュージシャン達のライブ。イタリア料理をいただきながら音楽を満喫できる,贅沢な時間だ。

「ベニスの夏の日」は、映画「旅情」でも有名。

ヴォーカリストは、若手の新進歌手のマルティア・ビンデイ。さらにピアニスト(キーボード奏者)は、有名なモルガンティ・ロベルト。彼は,2つのアレンジャーキーボードを使いこなす。ヤマハが売り出しているこの手のキーボード(タイロスシリーズ)は,日本では発売されていない。逆輸入しか手に入らない。日本のミュージックシーンと異なり,小さいライブが多い外国では,ミュージシャンの人件費削減から,一人で何役もこなす音源が求められているのでしょう。私は,コルグ製品を使っている。

2022年4月25日 (月)

Billy Strings & Don Julin


YouTube: Billy Strings & Don Julin - Full Performance (Live on KEXP @Pickathon)

以前からブルーグラス界では,注目をされていた若手フラットピッカー。彼のプレイは,トラッド系のブルーグラスではなく,極めてパワフルで,ブルージーな雰囲気を併せ持った逸材。たくさんのプレーヤーと共演している。マンドリン奏者ドン・ユーリンとのシンプルな共演。ごまかしが利かないユニットだ。

2022年4月22日 (金)

Martin Taylor,Bryan Sutton


YouTube: Martin Taylor and Bryan Sutton playing Jazz Guitar: "Napa Swing"

私とほぼ同年齢の、イギリスのジャズギタリストのマーチン・テイラー。現代最高のギタリストと言われる一人。特にフィンガースタイル奏法の名手として知られている。
一方、ブルーグラス界でフラットギターの名手であるブライアン・サットン。2000年ごろから、ブルーグラスのコミカルバンドでもあるホット・ライズのギタリストでも参加。その後、リッキー・スギャックスが率いるケンタッキー・サンダーにも参加。
しかし、ギターだけでなく、マンドリン、バンジョー等も弾きこなし、特に音楽ジャンルも広い。

2022年4月13日 (水)

Fortune/Walker/Rogers/Isaacs


YouTube: Fortune/Walker/Rogers/Isaacs - You’re Only Lonely (Live At Columbia, TN/2020)

カントリー、ブルーグラス等の第一人者たち4人、Jimmy Fortune,Bradley Walker,Mike Rogers,Ben Isaacsによるユニット。最近、YouTube上で注目されている。曲も、JDサウザーの名曲「ユアー・オンリー・ロンリー」をカバー。