« 全市立学校及び幼稚園の休校 | メイン | 歩道と車道の分離白線(街ナカ実績App.66号) »

2020年3月14日 (土)

市長総括質疑

2月から開会している京都市会では、令和2年度の予算案について審議中ですが、過日から審議していた各分科会別の審議を終え、3月13日には、市長に対する総括質疑を実施しました。

通例であれば、予算委員会や決算委員会の市長総括質疑は、2日間の日程で実施しているところですが、今回は、新型コロナウイルス感染症対策に緊急的に対応しなければならないため、議会も協力し1日で審議する形となりました。

公明党市議団からは、吉田たかお議員(伏見区)、かわしま優子議員(伏見区)、兵藤しんいち議員(北区)、国本ともとし議員(左京区)の4名が、代表して質疑に立ちました。

吉田たかお議員は、①担税力の向上策、②ふるさと納税の強化策、③観光混雑対策の強化、④企業支援、かわしま優子議員は、①幼児教育・保育の無償化の課題と保育の質の向上策、幼児教育振興法案の動向と認識、②ひきこもり支援の拡充、③ICOM京都大会とレガシー継承事業の取組み、④新型コロナウイルス感染症対策における情報弱者への対応、兵藤しんいち議員は、①LGBTの対応、②市街灯LED化による光害の対策、③地球温暖化対策、市民参加型SDGs行動指針の策定、国本ともとし議員は、①空き家の適正管理、②高齢者障がい者の居住支援、③単身世帯への見守り支援策と終活支援、等について質問をしました。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

コメントは拒否されました。

Lekumo ビジネスブログ mixi またはその他のOpenIDでログインしてください