2022年7月 1日 (金)

安全柵の設置(街ナカ実績App77)

202207011


京都市南区久世築山町には、久世工業団地があり市バスの停留所も設置されていますが、近くに水路があり安全柵も設置されておらず夜間非常に危険な箇所でもありました。何とか改善をしてほしいとの地域の要望を受け、このほど、水路に安全柵が整備されました。

Staticmap


2022年6月22日 (水)

参院選(公示)いよいよ出陣!

20220622_100400


Img_0080


参議院選挙の公示日。いよいよ出陣となりました。公明党は、比例区候補熊野せいしを先頭に、現下の厳しい難局を乗り越え、日本を前へ進めるため、人への投資を柱とする経済の立て直し、誰もが安心できる全世代型社会保障の構築、国際社会の平和と安定の実現を、国民の皆様にお約束します。京都選挙区では、連立政権のパートナーである自民党の吉井あきら候補を推薦し、自公ともに勝利することを誓い、この選挙戦を最後まで戦い抜く決意です。 吉井あきら候補の出陣式には、竹内ゆずる府本部代表(党政調会長・衆議院議員)の名代として公明党を代表して訴えました。その後、比例区候補熊野せいしの事務所開設と出陣を府本部役員が集まりスタートしました。

2022年6月18日 (土)

吉井あきらさんと共に勝利

Img_0079


6月18日、公明党京都府本部は議員総会を開催。来る参議院議員選挙勝利の決意を固める総会には、自民党公認、公明党推薦の京都選挙区予定候補吉井あきらさんが挨拶に。「地域、現場の声を国政に届けたい!との思いは、誰にも負けない」との熱い決意を披露。公明党の熊野せいし参議院議員の共の勝利を参加した全議員で誓い合いました。

2022年6月17日 (金)

学校給食用食材費高騰対策

京都市の補正予算では、令和5年3月末までの費用として1億5000万円を確保し、小学校・中学校(選択制)・義務教育学校・総合支援学校・定時制高校における給食用食材の高騰に対応することに。現在、京都市では、158校の小学校で1日約66000食、64校の中学校で1日約9000食、5校の総合支援学校で1日約1300食、3校の定時制高校で1日150食が提供されているところです。
今回のこれにより小学校の給食費代月額4700円等はそのまま据え置かれることとなり、市民の暮らしを守ることにつながります。

2022年6月15日 (水)

原油価格・物価高騰緊急対策

国の「原油価格・物価高騰等総合緊急対策」の第2弾として拡充された新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用し、コロナ禍や原油価格・物価高騰などの影響を受け、困難に直面されている方々のいのちと暮らし、生業を守るため、セーフティネットの強化、子育て世帯などへの生活支援と幅広い中小企業・小規模事業者への支援を行うための補正予算案が、このほど京都市会に提案されました。
具体的な予算内容は、1.生活困難者への食料などの配布や生活相談に取り組む民間団体の活動を支援し、本市の相談体制の強化、2.子ども食堂や子育て家庭への食品配送に取り組む団体に対しての支援、3.商店街や中小企業団体などが独自に実施するプレミアム商品券也クーポン券などの販売促進策への支援、4.生活が厳しい学生を支援する大学を後押し、5.学校給食用食材高騰への支援、6.福祉施設などの食材高騰への支援、7.伝統産業基盤強化への支援、8.農業者等経営改善に対する支援、9.市バス、地下鉄の燃料費への支援、10.市立病院における電気料金高騰への支援、11.家庭ごみ有料指定袋製造経費の高騰に対する支援、等が盛り込まれました.これらは公明党市議団が、過日緊急申し入れをした内容の多くが反映した補正予算となっています.どこまでも市民の暮らしを守り切る施策の推進を進めてまいります.